サービス案内

就労継続支援B型
どりーむ工房/サンデール

活動紹介

就労継続支援B型「どりーむ工房」では、就労の機械や生産活動の機会の提供、知識および能力のために必要な訓練を行います。
■作業紹介
〇農作業(施設外就労)
契約している近隣の農家に出向き、有機農産物の栽培にかかわる作業全般をしています。栽培した野菜の販売活動もしています。午前午後ともに作業をすることで体力を養うことが期待できます。
〇清掃作業(施設外就労)
病院敷地内の清掃作業をしています。契約先から支給される制服を着用するなどのルールを守りながら作業をすることで仕事上のマナーを身につけていきます。
〇内職作業
洗濯バサミの組み立て、箱折り、箱のり付け、部品組み立て、バリ取り、封入、シール貼りといった数多くの作業を企業から請け負い、分担して作業をしています。
〇資源の回収
資源の有効利用および廃棄物の削減のため、日常生活において発生する不用品(ダンボール、雑誌、新聞紙、本、空き缶など)を回収してリサイクル促進につなげています。
レクリエーション
初詣、日帰り旅行、お花見、クリスマス会、忘年会、餅つきなど、年度によってさまざまなレクリエーションを行い、余暇の楽しみ方を知ってもらいコミュニケーションを図る場の提供をしています。

就労継続支援B型「サンデール」では、利用者やスタッフの「こんな事がやりたい」との思いを聞いて、多彩なメニューを行っています。
■作業紹介
ビーズやパワーストーンの再生でのアクセサリー作り、マスク作り、ボールペン組立作業等内職のお仕事も頂いています。アクセサリー類は、近郊の商店やイベント等で展示販売も行っています。施設外作業では、優先調達で潮来市から依頼を受ける事が出来ました。(土嚢や公園の除草作業ですが楽しんで行えました)
他にふるさと納税の返礼品として、つか本煎餅(潮来市名物「健次郎焼」)とB型にて作成の手作りクラフトかごの初コラボを実現致しました。
楽しく働けて、夢のある場作りを目指しています。

1日のスケジュール

8:30

朝礼・作業開始
(一日の作業の流れを確認します)

10:15

休憩

10:30

作業

12:00

昼食・休憩

13:00

作業開始

14:15

休憩

14:30

作業

15:30

終礼・作業終了
(終礼後にタイムカードを打刻します)

※上記は内職の際の時間です。施設外就労など、作業によっては活動する時間に変更があります。

(自分のペースに合わせて作業時間を決められます)
(作業開始前にタイムカードを打刻します)

Q&A

Q

利用する対象者を教えてください

A

就労移行支援事業所などを利用したが、一般企業等の雇用に結びつかなかった方や、一定年齢に達している方等であって、就労の機械を通じて生産活動にかかわる知識及び能力の向上や維持が期待される方等です。

Q

どこに相談したらいいですか?

A

市町村の障害福祉担当窓口や相談支援事業所に相談します。サービス利用を希望する場合は市町村の障害福祉担当窓口に申請します。

Q

利用期間を教えてください

A

利用期間の制限はありませんが、このサービスを通じて就労に必要な知識や能力が高まった方は次のステップを目指しています。

Q

どのような仕事ですか?

A

・自分に合った作業を選べますが、基本はボールペン組立作業から始めます。ボールペン組立と並行して、自分に合ったサブジョブを見つけています。
・仲間と作業を分担して協力して行います。
・施設外作業等は、作業技能の評価、面接等ですすめています。

Q

送迎はありますか?

A

公共機関利用が複雑な場合や利用できにくい場合等は、ご相談ください。
現在、送迎対応している方もいます。

Q

お休みはありますか?

A

基本、月間8日は閉所となります。(主に土日)
その他、私用でのお休みは、事前にご連絡をお願いします。